「讃美歌21」 1番

「主イェスよ、われらに」

「ドイツ語のテ・デウム」と呼ばれ、全世界の教会で感謝の時に歌い続けられています。

詩・曲ともにマルティン・リンカルト(1586~1649)。貧しい少年であったリンカルト。彼の音楽と詩人の才能を見出した町の牧師は、彼を助けて高校・大学に送ります。彼も期待通りの働きをなし、牧師となります。この曲は自分の子どもたちが食卓の感謝の歌として作られました。

 

讃美歌歌詞


1主イェスよ、われらに

 きよきみ顔向け、

 聖霊をくだして

 導きをたまえ。


2礼拝につどえる

 み民をつよめて、

 その日を開き、

 主をたたえさせよ。


3われ、み顔あおぎ、

 喜びに満ちて、

 主をたたえ歌わん。

 「主は聖なるかな」。


4父と子と聖霊 

 ひとりのみ神に、

 ほまれとみ栄え 

 とわにあれや、


アーメン。

      

 Ⅰコリ3:16,12:3 詩51:12~13

讃美歌21の目次