「讃美歌21」 156番 
「目を上げ、わたしは見る」

  讃美歌歌詞


1 目を上げ、わたしは見る、山々。      
  助けはどこからくる、わたしに。          
  天と地を造られた                 
  み神のもとから来る。              

2 見よ、主はゆくべき道 示して、      
  よろめく弱い足を 支える。            
  主はつねに まどろまず             
  眠らず、民を守る。                

3 あなたを見守る方、み神は、
  あなたをつねに覆う 右の手。
  昼は太陽、夜は月
  あなたを苦しめない。

4 み神は 災いみな遠ざけ、
  あなたの魂をも 見守る。
  旅立つ日、帰る日も、
  今より とこしえまで。


        詩121 黙7:16~17



讃美歌21の目次