「讃美歌21」 242番 
「主を待ち望むアドヴェント」
  作詞者のマリア・フェルシュル(スイス)は、教師として子どもたちとクリスマスを迎えるために作詞しました。この歌詞には多くの作曲家が旋律をつけましたが、このハインリッヒ・ロール(ドイツ)のものがよく知られています。「主の民よ、喜べ。主は近い」のところは、心から喜びをもって歌いたいものです。

   讃美歌歌詞

1 主を待ち望むアドヴェント、      
  最初のろうそく ともそう。         
  主が道をそなえられた          
  この時を守ろう。
             
  (くりかえし)

  主の民よ、喜ベ。           
  主は近い。               
                           
2 主を待ち望むアドヴェント、        
  第二のろうそく ともそう。
  主がなされたそのように、
  互いに助けよう。

3 主を待ち望むアドヴェント、
  第三のろうそく ともそう。
  主の恵み 照り輝き、
  暗闇を照らす。

4 主を待ち望むアドヴェント、
  最後のろうそく ともそう。
  主はこの世に来たりたもう。
  心こめ、うたおう


                     イザ40:3-5,9:1 ヨハ1:1-14


讃美歌21の目次