「讃美歌21」 364番 
「いのちと愛に満つ」
 作詞者ブライアン・レン(1936~)は、従来の強き父のごとき神のイメージを一新しました。可変性の神。いわば人間が固定化する神のイメージではなく、神は自らそのイメージを破り様々な形で人間にのぞむという新しい神学にもとづいています。とくに2番「強き主、母のごと」と3番「やさしき父のごと」の対比は、ショックを与えました。 作曲のR.ヤングもこの歌詞の性質をよくとらえた曲を作りだしています。「ホサナ」とは、「おお!救いたまえ」の意。

  讃美歌歌詞

1 いのちと愛に満つ、           
  聖なる栄えの主よ、             
  そのみ名こそ 豊かなり。          
  いざ、ホサナ、ささげよ!         

2 強き主、母のごと            
  すべてのものを支え、             
  昼も夜も はぐくむ主。             
  いざ、ホサナ、わが母!             

3 やさしき父のごと、            
  その慈しみ絶えず              
  病む者らを抱きたもう。          
  いざ、ホサナ、わが父!

4 年老い弱れども、           
  静かな配慮に満ち、
  知恵と理解 限りなし。
  いざ、ホサナ、老いし主!

5 若さにかがやく主、
  正義を叫び求め、
  われを忘れ 戦う主。
  われを忘れ 戦う主。
  いざ、ホサナ、若き主!

6 大いなるいのちの主、
  人の目には見えねど
  神の国はここにあり。
  いざ、ホサナ、わが神!

  創1:27,49:25 黙1:14 ヨブ41:24 ダニ7:9

讃美歌21の目次