「讃美歌21」 449番
 「千歳の岩よ」
 この讃美歌は最初に貝本語に訳された英語讃美歌の一つ。 日本最初のプロテスタント教会である横浜基督公会で用いた讃美歌集「教えのうた」に収録されました。
 めずらしくこの歌詞はほとんどそのまま文語体讃美歌の記念碑的に讃美歌21にも残されました。

 讃美歌歌詞

1 千歳の岩よ、わが身を囲め、    
  裂かれし脇の 血しおと水に       
   罪もけがれも 洗いきよめよ。      

2 かよわき我は 律法にたえず、   
  もゆる心も たぎつ涙も、         
   罪をあがなう 力はあらず。

3 十字架の他に 頼むかげなき       
      わびしき我を 憐れみたまえ、
      み救いなくば 生くる術なし。

4 世にある中も、世を去る時も、
     知らぬ陰府にも 審きの日にも、
     千歳の岩よ、わが身を囲め。

詩94:22、18:2~3、32:7 Ⅰコリ10:4 イザ32:1~2
ヨハ19:34 申32:4Ⅰヨハ5:6  


讃美歌21の目次