「讃美歌21」 451番 
「くすしきみ恵み」
「アメージング・グレース」として親しまれている。作詞者ジョン・ニュートンは船乗りとなりかなりすさんだ生活を送り、奴隷船で働いていました。ある時大嵐にあって難破しかけ回心を体験した後、神学校に入り牧師となりました。この歌は1番「まよいしこの身を」と自伝でもあります。日本ではテレビコマーシャルにも用いられ、讃美歌とは知らず愛唱する人もいる。

讃美歌歌詞



1 くすしきみ恵み われを救い、
  まよいしこの身も たちかえりぬ。

2 おそれを信仰に 変えたまいし
  わが主のみ恵み とうときかな。

3 思えば遇ぎにし すべての日々、
  苦しみ悩みも またみ恵み。

4 わが主の み誓い 永遠にかたし、
  主こそはわが盾、つきぬ望み。

5 この身はおとろえ、吐を去るとき、
  よろこびあふるる み国に生きん。

 創15:1 Ⅱコリ12:9 詩31:20 
 ルカ15:24,32 コロ1:6


讃美歌21の目次