「讃美歌21」 469番 
「善き力にわれかこまれ」
 ドイツ告白教会牧師ディートリッヒ・ボンヘッファー(1906~1945)による讃美歌。
 彼はナチ政権を批判し、地下抵抗運動に加わり逮捕されます。この詩は獄中で書かれ、処刑の約4ケ月前に婚約者に送った詩であった。
 切追した中での平安を語る彼の詩は、信仰者に大きな慰めを教えてくれる。彼の生涯は映画となり、  現在ニューョークで公開されている。

讃美歌歌詞

1 善き力に われかこまれ、     
  守りなぐさめられて、            
  世の悩み 共にわかち、        
  新しい日を望もう。

2 過ぎた日々の 悩み重く      
  なお、のしかかるときも、         
  さわぎ立つ 心しずめ、          
  みむねにしたがいゆく。
 
3 たとい主から 差し出される
  杯は苦くても、
  恐れず、感謝をこめて、
  愛する手から受けよう。

4 輝かせよ、主のともし火、
  われらの闇の中に。
  望みを主の手にゆだね、
  来たるべき朝を待とう。

5   善き力に 守られつつ、
  来たるべき時を待とう。
  夜も朝もいつも神は
  われらと共にいます。

       マタ20:22-23 出13:21-22 
        詩31 イザ12:21 ペト4:16-17
  

讃美歌21の目次