「讃美歌21」 522番
 「キリストにはかえられません」
 作詞者の女性レア・ミラー(1894~1966)の経歴は不明。作曲者ジョージ・ベヴァリ・シェー(1909~)。
 彼はメソジストの牧師の息子として生まれ、歌の才能に恵まれ、プロの独唱者か音楽伝道者として生きるかの岐路に立った時に、母からのこの詩を示され、この詩に感動して音楽伝道者として活動することを決心しました。
 日本では中田羽後のすぐれた訳が一段とこの詩の内容を豊かにしました。
讃美歌歌詞
1 キリストにはかえられません       
  世の宝もまた富も、               
  このおかたがわたしに              
  代わって死んだゆえです。           

    (くりかえし)
  世の楽しみよ、去れ、           
  世のほまれよ、行け               
  キリストにはかえられません、         
  世のなにものも。    
            
2  キリストにはかえられません、
  有名なひとになることも、
  ひとのほめることばも、
  このこころをひきません。

3  キリストにはかえられません、
  いかにうつくしいものも
  このおかたでこころの
  満たされているいまは。
   



フィリ3:78 ヨハ6:68 ロマ8:35-39 ルカ18:28-30
讃美歌21の目次